コラム:川崎レイクサイドマラソン

 新型コロナ感染症以来、本当に久しぶりに10月16日に開催された

川崎レイクサイドマラソンでハーフを走ってきました。杜の湖畔公園

の中を通り、釜房湖を見ながら東北大ボート部の合宿所前で折り返す

比較的アップダウンの少ないコースで、天候も良く気持ちよく走れ

ました。(練習不足で後半はバテバテでしたが)

 なんといっても素晴らしかったのは大会運営とボランティアの

方の気配りの良さでした。駐車場から会場、アップ会場までの距離も近く、

走っていてコースアウトしそうな曲がり角には必ず地面に矢印が引いて

あったり、橋で道幅が狭くなるポイントではおじさんが立っていて

「今日は参加ありがとう、狭くなるから気を付けて」と声をかけてくれ

るなど、とてもありがたく感じました。

 事前のエントリーでも検温のあとリストバンドを必ずつけるなど

感染対策もしっかりしており、また目標タイム別のペースメーカーが

自転車でついてくれたのはとてもいいアイデアだと思いました。

 ゴールのあと川崎町のおそば屋さんたちが共同でふるまって

くれたお蕎麦も実においしかった。参加者も口々に「これはうまい」

と言っていました。機会が逢ったらそのうち川崎まで食べに

行ってみようかと思っています。

 



最新記事

すべて表示

10月27日から29日まで福岡で開催されたJDDW2022(日本消化器病週間)に出席してきました。久しぶりの現地参加です。 内視鏡AI診断について、ピロリ除菌後の胃がん発生について、ロボット支援下の食道がん、大腸がんの手術について、大腸内視鏡検診について(先進国としてのドイツ、ポーランドの実情)など、さまざまな興味深い発表が多くありました。 30回記念企画としてiPS細胞の医療応用について山中伸弥

PCR検査に来られる患者さんで、クリニックに初めて来られる 20代の方が増えています。私たちのころと違って、皆さんがいわゆる 「キラキラネーム」の人が多い感じがします。ご両親の思いが入って いるものも多く、新鮮です。 ただ個人的に一つだけお願いがあるとしたら初めてでも間違わず に呼んでもらえる名前にしてほしいものです。 私自身の名前も、祖父がこだわって付けてくれたもので、残念ながら 一度もまともに

4年間務めさせていただいた仙台市医師会理事ですが、6月23日をもちまして 無事に卒業させていただくことができました。これまでお世話になりました 医師会事務局の皆さまに深く御礼申し上げます。また、仙台市の健康政策課 をはじめ消防局など各部署の方々にも大変お世話になりました。今後も一開業医 として地域医療に貢献していきたいと思っております。 いろいろ多忙で、新しいホームページになってから院長コラムの更