top of page

院長コラム:JDDW2022に参加してきました

10月27日から29日まで福岡で開催されたJDDW2022(日本消化器病週間)に出席してきました。久しぶりの現地参加です。

内視鏡AI診断について、ピロリ除菌後の胃がん発生について、ロボット支援下の食道がん、大腸がんの手術について、大腸内視鏡検診について(先進国としてのドイツ、ポーランドの実情)など、さまざまな興味深い発表が多くありました。

30回記念企画としてiPS細胞の医療応用について山中伸弥先生のお話やがん免疫療法の本庶佑先生のご講演、さらにはご当地(正確には久留米)の藤井フミヤさんのミニコンサートもあったようだが、時間が合わなかったり、要予約だったりで聞けなかった。

学会の合間には30分ほど並んで市内の老舗ラーメン屋さんにも行きました。さすが本場の豚骨ラーメンは、んまかったです。


最新記事

すべて表示

近頃観た映画の中で、 前回1月のコラムでご紹介した ハケンアニメに続いて印象に 残ったのは 「The First Slam Dunk」 原作の井上雄彦先生の監督作品。 漫画の原作者の監督という点と 事前にほとんど情報が流れな かったことも心配だったが、 観てみれば、漫画をしのぐリアル があって見事だった。 「かがみの孤城」 「ハケンアニメ!」に続いて 同じ辻村深月さん原作(日本本屋 大賞受賞)の映

3.11 東日本大震災のあの日を前に 市内各所で災害についての講演会が 実施されています。 今回、クリニックの道をはさんで お向かいに2022年4月にオープンした 仙台長町未来共創センターで3月6日 から13日まで開催された講演会の中 で、「災害時の医療体制」と題して お話をさせていただく機会があり ました。 同センターは、平常時はオフィス ビルですが非常時は太陽光や自家 発電、食料や水の備蓄など

ただ今新年になりました。今年もよろしくお願いいたします。 昨年は日常診療、検診・健診業務、発熱外来に加えて インフルエンザワクチンの接種、休日の療養型 ホテルへのオンコール、市民センターでのワクチン業務と 超多忙でいつまでこれが続くのかやや心折れ気味の毎日。 唯一の息抜きはランニングと映画。昨年個人的に良かった のは辻村深月さん原作小説の映画化「ハケンアニメ!」。 正しく人の心に刺さる「お仕事映画

bottom of page